スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
五重塔CANTABILE
 明けましておめでとうございます。松永ひろむです。
大工六助。薄~い鉋屑目指して日々精進しております。

 この南座公演では「五重塔」に夜回り・大工で出演しております。
 
 突然ですが私は「五重塔」で使われている音楽が大好きです。
 稽古中は全然意識していませんでしたが、初日が明いた頃にふと、「この音楽グー!ストライク!!」と思いました。

 藤原豊さんという方の音楽です。これが芝居のいいところで実にいい感じで入ってくるんですョ。演じているほうもノッてきます。私以外の俳優もきっとそう思っている人は多いはずだと思います。俳優以外でも、幕開きの音楽に合わせて、オーケストラの指揮者よろしく手を振っている演出部員を私は舞台袖で目撃しました。普段そんなことやりそうもない人なのに!ノリノリでした。

 「五重塔」の音楽も超オススメの京都南座公演!ひとりでも多くの方にご覧いただきたいです。
 ぜひお誘い合わせでいらっしゃってください!!
 藤原先生は、『ゴジラ』など映画音楽でも有名な伊福部昭先生の最後のお弟子さん。
 『五重塔』音楽の前任者團伊玖磨先生からは、コンクールの審査員としてお言葉を頂いたご縁があるとのことです。

 ちなみにカンタービレは、“歌うように”という意味の音楽用語。
 絆と情を描くさわやかな作品を、歌うようにお届けしようと日々勤めています
スポンサーサイト
【2007/01/09 04:48】 | 公演だより | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<♪ウキウキラブラブルンルンルン♪♪♪♪♪♪:瀬川寿子 | ホーム | 好!チャレンジ三昧:山崎杏佳>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://blogmcw.blog87.fc2.com/tb.php/11-08ef0866
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。