スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
こいつァ春から・・・:山崎竜之介

 
幸田露伴の名作『五重塔』では、

主役の大工十兵衛が殺されそうになるのを助ける

鳶頭のめ組の鋭次役と
め組の人

 
『魚屋宗五郎』では娘が殺されて嘆き悲しむ

宗五郎の父親太兵衛役を致して居りますが、

一作品だけに出演している人の多い中で

私は忙しい毎日を過ごして居ります



是非御一見くださいませ
幸田露伴と五重塔


管理者日録KIHACHISTYLE
め組の人 を組の人


 鳶鋭次頭率いるめ組は、芝口辺から増上寺中門に掛けてが担当範囲。
隅田川以西を、いろは四十八組に分け、それを六つくらいずつ十番組に(四と七が廃止されたので八つの大組)所属させた。
だから正式に言うと、“二番組のめ組”。大詰、五重塔落成式の場の鋭次親方の半纏には二番組と記されています。
め組


 鳶はふだん工事現場の足場を組む等の仕事をしながら、いざ火事が起こると火消として活躍する男の中の男。

 五月の新門辰五郎では、この鳶たちが主役。
十番組“を組”の面々が長い鳶口や纏を手に木遣りを唄って
勇壮に花道を繰り出して行きます。

スポンサーサイト
【2007/01/22 05:02】 | 公演だより | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<最近涙もろくなって…^_^ゞ:小林祥子 | ホーム | 引き締めて 引き締めて:益城宏>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://blogmcw.blog87.fc2.com/tb.php/26-1e28e5e8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。